PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電車半ケツ男

今年の夏のある日、某桃家に向かったときの出来事である。


日頃、私は電車とは無縁だ。使うとしたら山形新幹線のみ。
某M宅へ行くには高速バスで1時間で仙台駅に着き、それからローカル線に乗り換えて数駅先へ向かわなくてはならない。
逐一、状況をメールで伝えていた。
「当方只今、仙台駅に到着。応答願います応答願います。」
一バス置いていかれたため、予定より1本遅いローカル線乗車となった。
電車は向かい合う座席(4人がけのボックスではない)。
ドアの側に座る。隣は私と同じようなおばさま。社内は混んでいるほどではない。
お向かいの席には、パンツが見えるようなジーンズを腰で穿いている無精ひげの若者と、少し高齢なご婦人が座っていた。
やっと電車が動き出し、いよいよM家に向かっている高揚感と緊張感が増す。
地理不案内なので、降りる駅だけ呪文のように頭の中では回っている。
何を思ったのか電車が止まったわけでもないのに、向かいの若者がスッと立ち上がり隣の車両に移動した。
判ケツ若者が去った後には、車のキーらしきものと財布がポツンと残った。

IMG_2658g.jpg
え゛?
忘れ物、落し物?
さて、どうしたらよいのだろう。
間もなく降りる駅に到着するかもしれない。
降りる駅は覚えていたが、途中の駅までは記憶にない。
なので、駅に止まるたびに「駅名」だけしっかり見落とさないように緊張していた私。
思わず、隣のおばさまとアイコンタクト。
お向かいのご婦人も気が付いたようだ。
三人とも動かない。
三すくみ状態だ。

もし自分だったら…
降りるときに、車のキーと財布がないことに気が付いたらパニックだ。
これは、いくら半ケツ男でも知らせるべきなのではないか?
財布に触ったら周りの乗客にネコババすると思われるのではないか?
そんなことをして入いる間に到着駅を乗り過ごすのではないか?
いろんなことが頭をよぎる。
でも…
善良な一市民としては教えたほうがいんじゃね?
半分、腰を浮かせたそのときに、お向かいのご婦人が先に知らせに立った。
戻って来た判ケツ男は、ロクに礼も言わず立ち去る。
いや~~~ん、こんなに悩んだのにぃぃぃばかぁ。


IMG_2689g.jpg
               オレのことぢゃないよな?

半ケツ男よ、悩めるおばちゃんにちゃんとお礼を言いなさい。
そして、ジーンズはちゃんと上げて穿きなさい。


ローカル線はドアの開閉が自動ではなく手動だ。
最寄り駅に到着しても、ドア開閉ボタンの前で押さずぼーとしていたのは、この私だ。

乗客の皆さんごめんなさい。


あらら懺悔で終わっちゃった(^^;)

| 画像倉庫 | 13:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://sueko425.blog90.fc2.com/tb.php/35-8a729790

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。