2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お雛様


自分の家で、お雛様を出さない代わりに(?)山寺芭蕉記念館でお雛様を見てきました。
元々は紙雛から始まり、立ち雛へ。



撮影可の場所もあったので、少し載せて置きます。

以前は、享保雛は随分と個性的な顔立ちだと思っていたが
今は凄く魅力的に思える。
300年前のお雛様を作った職人たち。
300年後にもこうして飾られるなどど思いもしなかったことだろう。


IMG_4210g.jpg
五人囃子の豊かな表情には驚いた。
カップル(内裏様、お雛様)に目が行きがちだが脇役にも手が込んでいたのね。


IMG_4226g.jpg

昔、紅花を積んだ船が最上川を下り京へ。
帰りには、都の品々を積んで戻って来た。

京文化が入り、豪商にはこんな豪華なお雛様があった(らしい)


IMG_4251g.jpg
珍しい7人官女。

既婚者は鉄漿のはず…口を閉じているので不明。

あまりにお雛様が豪華豪華へとすすんだので
(多分、本来の子どもの成長を願う意味より、より豪華なと大人の意地の張り合いにでもなったのかもね)
8寸以上のものを作ってはいけないと御触れが出て
職人は肩まで8寸のお雛様を作り
頭はサイズ以外だも~~~ん!と言った(らしいです)。
昔から屁理屈タイプはいたわけだ。



こちらは「つり雛」さげもん。
IMG_4216g.jpg

最近のものです。

IMG_4185g_20090228220924.jpg



IMG_4196g.jpg

さるぼぼ?

IMG_4188g.jpg



けっこう楽しめました。
小物は素晴らしいですー。
お雛様のための牛車や箪笥などなど。

スポンサーサイト

| 画像倉庫 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お宅訪問



会社の人が去年の年末に新築したので、新居訪問してきた。

おされなランプシェード。



IMG_3271g.jpg
吹き抜けが明るい。
窓から青空が見えた。


IMG_3256g.jpg
白が基調のお家。快適そうです。


IMG_3264g.jpg
台詞が小さすぎて、読めんm(__)m

こちらは4歳のお嬢様が一名。
他の友人が二人のこども(6歳と4歳)を連れて来た。
最初っから仲良く遊ぶ姿はなかなかほほえましい。
こんな、ちびっこと触れ合うのも久しぶり。


IMG_3245g.jpg
弾き語りを披露してもらいました。

※事実はキラキラ星

| 画像倉庫 | 15:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

めいこの暮らし



お姉ちゃん、ここ気持ちいいわね。
縦列駐車って言うのよ。

m0902142.jpg
え?横列駐車じゃ…
…(汗)。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※


m0902143.jpg
歯磨き?
やんだはーーーーー!


m0902144.jpg
これでもくらえーーーー!猫パンーーーーチ!


歯を磨くのは飼い主だってばー。
邪魔すんでねっ。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※


m0902145.jpg
我思う。
人間の体温とほどよい柔らかさは猫ベッドを超えるなり。







つつがなく平和に暮らしているようです。

| めいこ | 15:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしいもの♪


ぴやちゃんに貰ったおフランス製のマゼのプラズリンと言う高級菓子。
缶も可愛いけど
これがまた、食べだすと止まらなくなるくらい美味しい。
ぜーーーーーーーーーったい山形では手に入らない代物。

ありがとーーございますーーm(__)m


IMG_2215g.jpg
蔵王で買ってきた「きなこ餅」
あとは、温泉まんじゅうとか温泉まんじゅうとか、稲花餅(いがもち)とか…。
何故、温泉にはまんじゅうがあるのだろう?
何故、温泉に行くとまんじゅうが食べたくなるのだろう。

たまに、あんこを食べるとうめ~~~~~ぇず!!



IMG_9140g.jpg
今年は林檎が豊作だった。



  注:豊作とは
  出来高のことを言っているのではなく、いかに沢山貰ったかで決まる。
  友人に1箱と、お隣に2回。車屋さんと、ダンナの実家からもらい物のお裾分け
  いやー沢山食った食った。




なので、ちょっとミソになって来た(ボケた)林檎は煮る。林檎のコンポートを作る。
それで、アップルパイを作る。
シナモンを沢山ふって…赤いのは赤ワインの残りがあったので…。


(しかし、これを美味しいものに入れてしまってよいのかどうかは不明。)

| 画像倉庫 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蔵王満喫

折角撮ってきたおさしんが沢山あるので、しつこく載せておこうと思ふ。
ふふふ。


十割の蕎麦と山形牛のミニ丼を食べた。

山形に来たら、蕎麦食えず~~ヽ(^o^)丿



g090211-2.jpg
共同浴場の側の足湯。おぢさんが二人浸かっていた。
「おかあさん、どこから来たの?」
生憎、わたしゃオジサンのお母さんではありませぬ。失礼なっ。


白いのは硫黄。これの温泉の素も売っている。


g090211-3.jpg

雪の下には春…と、言うより
秋のなごりか。


g090211-4.jpg
こっそり足湯に参加。
生き返る…温泉大好き。



g090211-5.jpg
夕方のスキー場。
今はスキーよりスノボが多いのかしら?
一時期のブームは何処へ?



g090211-6.jpg

樹氷を見るために、上に上がったときはちゃんと完全武装しておりましてよ。


借り物の、モーグル用の黄色い上下+首からカメラ+ピンクのポンチョ



g090211-7.jpg


でも、さぶかった…。



お付き合いありがとうございました。

| 画像倉庫 | 16:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蔵王の樹氷

寒い冬は耐え忍ぶもの。
外に出ようなんて微塵にも考えていなかった。
今回、蔵王の樹氷を見に行ったのは、蔵王のさんべさんに樹氷見物の乗車券を貰ったから(^^;)


私ってとっても判り易い(笑)

ただ、ライトアップ専用券だったので夕方からしか行けない。
夜間の冬山。ここは、もう命がけなのだ。(多少オーバー)


ロープウエイを乗り継いで上へ上へと行く。

雲っているのは、汚れではなく…
窓が内側からも凍っているから。

上の気温は、マイナス15~20度と聞いていたので完全武装。


IMG_1795g.jpg

着いた。
写真を撮っている人がいっぱい。

寒いを通り越して、痛い!
指が痛い!
顔が痛い!!


IMG_1852g.jpg

そんな人のために、レストランからも眺められるようになっていた。



IMG_1870g.jpg

命知らずの冒険家なので(?)屋上の展望台にも行ってみる。



IMG_1880g.jpg

ライトも凍えている~~~~~~。


風がつおーーーーーーい!!


IMG_1900g.jpg

こんな風に、ちょっとずつ伸びて


IMG_1889g.jpg

樹氷が出来ていくのだけど

いろんな条件が揃わないと樹氷は出来ないので
日本でも数限られているらしい。
(すんません、勝手に調べてください(^^;))




IMG_1931g.jpg

途中の乗換駅も綺麗。


そんなこんなで、カチンコチンに凍って
なんとか下山。

冥土の土産になりました。


このまま地球温暖化が進んだら樹氷が出来なくなる日も近いのかしら?




蔵王温泉にて。

IMG_1695g.jpg
温泉が流れ、湯煙の川。
硫黄の匂いがする。


IMG_1732g.jpg
今年は暖冬なのよ。



| 画像倉庫 | 15:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。